屋久島の屋久杉加工・土産物のお店武田館

屋久島について

小さな島だけれども、豊かで大きな自然があります。

屋久島の風景

屋久島は九州最南端の佐多岬から南へ約60kmのところにあります。直径30kmほどの島ですが、そのほとんどが山となっており、宮之浦岳(1936m)は、九州最高峰となっています。海岸線は黒潮の影響を強く受け、南の島ならではの亜熱帯気候ですが、山頂は亜高山帯気候。冬には雪も積もります。この標高による自然の変化が、屋久島の自然を他にはないユニークなものにしており、1993年ユネスコの世界自然遺産に登録されました。

屋久杉について

屋久島の自然が生み出した銘木、それが屋久杉です。

屋久杉のテーブル

屋久杉は巨木として有名ですが、決して豊かな土壌でぬくぬくと育ったわけではありません。屋久島の土台となる花崗岩は土としては栄養があまりありません。だから、屋久杉は成長がとてもゆっくりです。そのため、年輪は幅が小さく、緻密となります。さらに長い年月、台風や風雪を乗り越えることで、樹脂をたくさんつくり出します。そうやって、小さくも丈夫な樹となることで、一般的には200年ほどと言われている杉の寿命をはるかに超えた長生きをしていきます。その結果が、私たち見るものを圧倒する巨木となっていくのです。

工芸品としての屋久杉

同じ杢目はふたつとありません。一点ものの逸品です。

屋久杉の歴史

屋久杉の利用は古く、江戸時代は年貢として伐採されていました。昭和に入ってチェーンソーが導入されると、屋久杉は大規模伐採時代を迎え大量の屋久杉が切り倒されました。今は、材木としての屋久杉伐採は行われておらず、「土埋木」と呼ばれる当時の切り残しなどを里に下して、工芸品として加工されています。 工芸品としての屋久杉の美しさは、なんといってもその杢目にあります。台風や風雪に1000年以上耐え続けた樹だからこその、美しい杢目をぜひ楽しんでください。